--/--/--//-- * --:--
●○スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



2008/04/27//Sun * 15:38
●○ストレンヂアを見ていて…


五条霊戦記//GOJOE
五条霊戦記//GOJOE
「ストレンヂア-無皇刃譚-」を何度も何度も見返しています。
そしてふと思ったのですが、「ストレンヂア」を気に入った方なら、映画「五条霊戦記 GOJOE」を気に入るんじゃないでしょうか?
「五条霊戦記」は私が大好きな映画のひとつ(一般的評価は低いのですが…/笑)で、‘義経と弁慶’をモチーフにした物語です。
2000年に公開されて、義経:浅野忠信氏、弁慶:隆大介氏という配役です。
(ちなみにこの映画では、浅野氏にヒゲ無いんですよぉ。)
義経と弁慶の宿命的な対決が、「ストレンヂア」の名無しと羅狼の対決に通じるものがあるように思ったのですが、いかがなものでしょうか?



2008/04/12//Sat * 22:06
●○ストレンヂア-無皇刃譚-


ストレンヂア -無皇刃譚- 通常版
ストレンヂア -無皇刃譚-
通常版
映画「ストレンヂア-無皇刃譚-」をDVDで見ました。
時代劇って基本好きで(中学時代にはムチャクチャハマった)、特にアニメの時代劇って好きなもんで、興味は物凄く持ってたんですが、結局映画館へ足を運ぶ機会に恵まれず、ずっとDVDが出るのを待ってました。
いや〜良かったです。やっぱ大画面で見たかった。
とにかく、主人公・名無しと敵の剣士・羅狼がカッコ良すぎ!!! これだけで見る価値アリ。
執事やホストなんかより、千倍萌える! (私は!)
アクションは物凄すぎて燃えたぎります! 必見!!!
(言葉では伝えきれないので‘見て下さい’としか言い様がない。)
長瀬氏の声は主人公キャラに合ってたし、全然気にならなかったです。てか、けっこう良かった。

でも、不満もあります。
まずはサブキャラの描き足り無さ。
これは時間が限られているだけに仕方がないのですが、風午など魅力的なサブキャラが色々いるのにもったいないかぎりです。
掘り下げればきっともっと面白いドラマが展開したと思います。
1クールくらいで再構築されたものを見てみたいです。
もう一つは、クライマックスのBGM。
対峙する名無しと羅狼、ここまでのBGMはいいんですが、その後そのまま雄大めな曲をバックに二人が切り合うのを見ていて、どうにも何か‘違う’と感じてしまいました。
たぶん、スピーディなアクションシーンなのに、音楽にスピード感が無い為だと思うんですが…。
どうして普通に緊迫感溢れる楽曲で、普通に盛り上げてくれなかったのか。
むしろ、声と効果音だけの方が盛り上ったんじゃないかと…。
(追記:二度三度と見ているうちに、ほとんど気にならなくなりました。)

いやしかし、殺伐としたラストでした。
結局、砦にいて助かったのって、仔太郎と飛丸だけなんですよね???
特に重郎太と風午の最期は切なかったなぁ…。(まぁ虎杖も…。)
風午は最期まで‘羅狼様’だったんだから、今際の際ぐらい風午を受止めてあげてもいいのに。
まぁ、それをしないのが羅狼なんだろうけど…。本当に強いヤツしか眼中に無いみたいだから。
名無しのことはずっと気にかけてるし、全てを捨てて名無しとの対決を取ったわけだし。
白鷲にのうのうと「感謝しています」って言うところが、もうっ、もうっ!
羅狼も過去には色々あっただろうと思われるし、やっぱ1クールくらいの尺でもっとキャラを掘り下げたものを見てみたいです。
あと、名無しが仔太郎を助けた・刀を抜いたのって、私には過去を乗り越えたわけじゃなくて、過去に縛られているが故、その贖罪としてだと思えましたがどうなんでしょ? (や、情が移っていることは大前提なんですが。)
ラストは仔太郎の顔の演技で泣けました。
一瞬顔をしかめたのって、 名無しの最期を感じたからなんですよ…ね???
だとしたら、最後の表情はきっとした表情の方ままがいいな…とか…とか…。
笑顔は前向きさを表していていいとは思うんですよ。

(追記:二度三度と見ているうちに、色々見方見え方が変わってきました。上記はあくまで初見時の感想です。)


<< back [TOP]
copyright (C) 2006 酔生夢死:BLOG EDITION all rights reserved. [ template by *mami ]
//
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。