--/--/--//-- * --:--
●○スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



2006/09/18//Mon * 21:07
●○ツバサ・クロニクル第2期 #19「二度目のクナン」

春香が不憫でなりません。
まだ幼いのに母親に先立たれて、悪い領主に苦しめられ、ようやく平穏な日々がやって来たかと思えば、またトラブルですよ。
ホント涙を誘います。

えーっ、ファイおいてけぼりですか、来週活躍無しですか? そんなぁ…。


2006/09/11//Mon * 00:21
●○ツバサ・クロニクル第2期 #18「ケロちゃんとモコナ」

・モコナに寝相がわるいと言われてショックを受けるサクラがカワイクも可笑しかった。
・サクラにつぶされたモコナが気の毒も可笑しかった。
・ファイ、あんたって人はモコナになんて事を!
・モコナを受け入れようとする黒鋼がいい。(ナント腕まくらですか!?)
・ケロちゃん相変わらずだね。


2006/09/02//Sat * 19:31
●○ツバサ・クロニクル第2期 #17「五つ目のチカイ」

今回は、納得できないことがいっぱいでてきました。
まず、黒鋼は他人の過去を無断で垣間見るような事は絶対にしない人だと思う。
それから、守ろうとも思わない誓い(一〜四)を立てたりするかなぁって気がする。
五つ目の誓いを知世姫が口にした時、黒鋼の両親を見せたのも???って思った。
黒鋼が自分の心の中で思い描くのは判るけど。
他にもまだあったりしますが…。
知世姫はいい味出してて良かったんだけどなぁ。蘇摩もかっこよかったし。
黒りんにへばりついたミニ羽ライオンのしっぽ振り振りもカワイかったなぁ。


2006/08/27//Sun * 02:35
●○ツバサ・クロニクル第2期 #16「望郷のカナタ」

ツバサ・クロニクル 第2シリーズ 2
ツバサ・クロニクル 第2シリーズ 2
ようやく図書館の続き。
今回の目玉はやっぱりファイが魔法を使うとこでしょう!
と期待膨らましていたのですが、正直言って拍子抜け。
ちっとも盛り上ってくれなかった。
(魔法の表現もなんだかなぁ…。)
彼が魔法を使うというとこは、彼の中で相当な変化がおこった結果だというのに。
まぁ、盛り上らなかったのはココだけではないんですが。
今回は黒様の表情がなかなかだったのが幸いってことで。
次回の少年黒りんと知世姫に期待しとこう。



2006/08/05//Sat * 21:02
●○ツバサ・クロニクル第2期 #15「図書館のヒミツ」

ツバサ・クロニクル Vol.2
ツバサ・クロニクル Vol.2
あっよかった、ちゃんと知世姫と黒鋼のエピソード入れてくれた。
でも、入れる位置がちょっと微妙だけどね。
まぁ、カットされないだけでもマシというもの。
飛王の紋の伏線貼りがないのは回収エピソードをやらないということですか?
(追記:以降の別の回でありました。)
オリジナル攻勢がもうすぐはじまるのかなぁ。
ゲートは主人公パーティが盗みをすることへのフォローですか。
N○Kではルパン三世は無理なわけね。
わるかないとは思うんだけど、図書館のあの位置にゲートがあるのがどうにも…。
ものまねモコナが頭の上にいる時の小狼の表情が可笑しかった。


<< back [TOP] next >>
copyright (C) 2006 酔生夢死:BLOG EDITION all rights reserved. [ template by *mami ]
//
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。