--/--/--//-- * --:--
●○スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



2006/03/15//Wed * 23:06
●○ゾイジェネ サントラ

ゾイドジェネシスのOSTを昨日手に入れながら、忙しくて今やっと聞き込んでます。
まさかこんなに待たされるとはね。
てか、一枚しか出さんのか! あれだけレミコトは出しといて。
無印なんか三枚も出たぞ!(三枚も出した割に不十分という代物ですが…。)
主題歌がTVサイズというのは昨今の流行ですな…、シングルを買えと…。
せめてシングルカットされていないOPテーマはフルサイズを期待していたのですが…。
ここはフルサイズ主題歌を含めたキャラソング集を是非出してくれ~…等と個人的願望を叫んでみても虚しいかな・・・。
無敵団の歌が入っているのは、ムンベイの歌が入ってなかった無印より恵まれていると言っていいのだろうか…???


2006/03/12//Sun * 16:23
●○ゾイドジェネシス #48「神の雷」

「本気なのかルージ? 本気でそんなこと考えているのかよ」
珍しくルージに本気で怒ったガラガが新鮮でした。#15とはなんだか逆っぽいかんじ。
思えばゲリラ活動をしていた彼が、七人の中では一番長くディガルドと戦っているのですよね。
故郷で嘆きの山で沢山の大切な人々を失った彼の怒りと悲しみは、故郷を焼かれたとはいえ身近な人々の命を失ったわけではないルージの比では無いのかもしれません。
父親を目の前で殺されたミィもガラガに次いで反対していました。
恋人を失ったガボールは反対意見こそ言っていませんでしたが、挙手が遅かったです。
「我らの目的はこの戦いを終わらせること、ディガルドを滅ばすことではない」
「俺の村を焼いたやつを見つけたら、ぶん殴ってやるけどな」

それでもルージとラ・カンの意見に耳を傾け個人的感情を抑えて賛成するガラガ、漢です。
三度目の全滅、ハックが切なかった…。(この人ザイリンと無事和解できるの?)
プロメもルージと一緒だと随分穏やかでビックリしました。さすがルージ君!

ザイリンはゴザイル大佐達とガーシュ基地へ。
バイオラプラーに攻撃を仕掛けるとき、ザイリンが「許せ」と言うところがゾイジェネらしい。
フェルミはいません。あとはもう傍観をきめこむのでしょうか?
ザイリン、ついに討伐軍と合流、ボラー先生と再会、ラ・カンと握手。
「ミロード村では…」と言いだすザイリンに「気にせずとも良い」と返すラ・カンは流石リーダー。
ここでルージがすぐにはザイリンと和解できない所がいいです。
ディガルドとの共闘を提案したとはいえ、故郷のジェネレーターを破壊した張本人なんですから。
それでも夜にはザイリンと話をし、共に戦うことを誓い合う。
それにしても#2に初登場の本、なんとも息の長い伏線でした。しかし形見と言いだすとは思わなかった。
「ジェネレーターは俺がいつかきっと直します」やっぱり自分で直す気満々だった。

棺桶に乗って移動するデッドリーコング、アニメで見ることが出来ようとは!
設定ではヘルズボックスが少し展開して、中の彼がワシャワシャ歩いて移動のようでしたが。
まぁあそこは斜面でしたし。スピーディでホントカッコ良かったです。鎌久しぶり。
ホント今回はゾイドの動きがすごくよくて燃えまくり!
それだけに、「リーオが効かぬゾイドのことも気になるが、問題は工場のほうだな」と言う時のラ・カンのマントのフチの模様が片方無いのが残念…。


2006/03/12//Sun * 14:09
●○ゾイドジェネシス #48 ラ・カン編

ラ・カンの最期を目の当たりにしてショックが大きすぎてしばらくの間放心状態でした。
少し落ち着いたらマジ涙出ました。
そして「ガッ シュ」もけっこう山場だというのに落ち着いて見ていられず、思わずこの一つ前の記事を書込んでいました。
ラ・カン、ロンを助けてくれて有難うございます。大好きでした。安らかに眠って下さい。合掌。

不意打ちでした。ラ・カンは新たなキダ藩を作り上げていくうえで必要な人物だと思っていたので、まさかこんな風に散るとは思っていませんでした。
ラ・カンvsゲオルグ、因縁の対決・最期の戦いにふさわしい手に汗握る素晴らしいものでした。
バイオクラッシャーを先の対決で失ったソードウルフは、バンブリアンが去り際に発射したグランドスターでトリケラにバーリア内から攻撃。しかしトリケラも変幻自在な角で反撃。ラ・カンは死力を尽くして最後の攻撃を…。
ホントすごくよく考えてあるし動きも非常に良いし。
(だから助けられるのはロンだったのか…)
どうでもイイコトですが、石 井 氏が演じたダ・ジンとゲオルグって、方向は違えどどちらもラ・カンに執着する役でしたね。
「ルージ あとは頼んだぞ!」松 山 鷹 志 氏の熱演が光ります。
ラ・カンのこの熱い叫びが、この後すぐのジーンの「神の雷 受けるがいい」という淡々としたセリフをより際立たせていました。
この神の雷さえなければ、もしかしたらかろうじて命を繋ぎ止めているかもしれないと思うことも出来たのに…。
予告の松 山 氏のお声を聴いているととても切なかった。


2006/03/12//Sun * 09:08
●○おじさまがぁーーー!!!

今日のゾイドジェネシスはゾイドの動きがやたらいいなぁとゾイドバトルに見入っていたら…
一度おじさまが危ないって時に大丈夫だったから安心してたのに…
ロンが助かったと安心した途端こんなことになるなんて…
ショックが大きすぎますよ…orz


2006/03/07//Tue * 22:04
●○レミコト・・・6

「おはス夕」見ました、レ・ミィ×コトナ生ライブ 第二弾!
なんか前回以上に萌え萌え五月蝿かったのがどうにもこうにも。
ハッピ部隊まで用意してるし。
用意するのはジオラマだけにして欲しかった。
セリフはともかく歌自体は良い歌だと思うんで、もうちょっとじっくりと聴いて下さいって風に宣伝して欲しいものです。
あっ、今日ワイルド三人娘の新譜(裏や中の写真にクラクラしたです、紀章さ~ん)買いにCDショップに行ったら、レミコトの先行シングルもミニアルバム限定版もまだ店頭にありましたよ…。

↑裏や中も見て欲しい…


<< back [TOP] next >>
copyright (C) 2006 酔生夢死:BLOG EDITION all rights reserved. [ template by *mami ]
//
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。