--/--/--//-- * --:--
●○スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



2005/10/30//Sun * 13:08
●○ゾイドジェネシス #30「魔物の森」 ミィの邪悪なニヤリは魔物の笑い…

ようやく本来の目的・仲間探しの話です。 ガラガ&セイジュウロウは今回の組合せの中で一番いいかも。
「見事だ、腕もだが教え方もイイようだな」「見届けたいが…俺の代わりにルージの未来を…」
お互い気にくわない奴って思っている風でも、ホントはちゃん認めあって信頼しあってる仲間っていいなぁ。

魔物の森の土と月の光の共鳴で、勝手に踊りだすゾイド達。
コングはカントリー調でゴリラらしい踊りなんで単にカワイイですが、タイガーは何故か盆踊り調で立ち上がって踊るんで面白すぎです、たまらんです。
いや~、今回はいろいろ笑わせてもらいました。
ガラガの久々の単純バカぶりやら、師匠のキラーんって無言のツッコミやら。
ちなみに始めの方に出てきたダンブル想像図、なんかヒゲヒゲ団の中間管理職の人を思いだしたりして・・・。

突然出てくる自称美少女ダンブル
大会15連覇とは師匠よりスゴイ人だよ。 師匠も続けていれば20連覇くらいしたかもしれませんが。
しかし、師匠もオバアも大切な人を無くした大会、チャンピオンになると呪われるんじゃ・・・。
オバアのメンクイは素性を隠すための演技かと思いきや、天然でした。 ルージが想像の中でスゴイことに・・・。
セイジュウロウがオバアのべったり攻撃をさせるがままにしていたのも、お年寄りを大切にって以上に、母親への思慕だったんですかね。

「せっかくの力がもったいないのう、怒りは判断力を奪いその力を台無しにするぞ、腹が立つ時ほど冷静になるのじゃ」
ガラガ、真摯にオバアの言葉を受止め、ちゃんと実行して単純なだけでないトコ見せてくれます。
「月は出ているかぁ?」って、ガン○ムXかと思っちゃったけどね。
師匠、すぐにガラガの真意に気付いているところはさすがです。

「お前の力頼りにしてるぜ、セイジュウロウ」「あぁガラガ」
これは、まだ死ぬなんて許さんぞって言っているのかな?
そして師匠も、まだ希望を捨てないって答えているのかな?

[TOP]
copyright (C) 2006 酔生夢死:BLOG EDITION all rights reserved. [ template by *mami ]
//
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。