--/--/--//-- * --:--
●○スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



2007/10/06//Sat * 19:17
●○ 機動戦士ガンダムOO #1「ソレスタルビーイング」

普通に面白かったです。なかなかに好みでしたよ。
よほど雰囲気変わらないかぎりは見続けますね。

ガンダムWの情報を始めてアニメ誌で見た時‘美少女の周りに美少年いっぱい’って感じなあおりでかなり軟派な印象を受けましたが、実際作品を見てみると全くそんなこと無くて、それどころか主人公がヒロインに『殺す』とか言っちゃってあれは度肝抜かれました。
(ちなみに「超者ライディーン」の時も同じパターンだったなぁ。)
ガンダムOOはそんなことがあったからか、キャラデザにゆん先生起用で美少年いっぱいだろうと軟派な印象は無かったです。
(純粋に美少年達をカッコイイと思ったり。いまのところ特定のキャラクターに思い入れがおきそうな予感は無いですが、意外なことで意外なキャラにコロッといくことあるんでまだ判りませんが。まぁどうでもいいことですが。ところで美中年はいないのか?)
それどころか、水島監督のロボットアニメ「ダイ・ガード」は大好きだったし、そこへ黒田さんが脚本ですからね、かなり期待してました。
ただ、戦争によって暗い過去持ってるらしいガンダム主人公で、声がまもだったので、シンと陸遜を足して2でわったような主人公だったらどうしよう…と少しだけ心配していたり…。
#01見たかぎりでは、坦々とミッションをクリアしていく様はヒイロっぽいなって思いました。
こういうキャラは好きですよ。
冒頭に出てきたガンダムも、光がツバサっぽくてウイングかと思ったり…。
全体的にメカデザはあんまり好みでないかも…。
とにかく早く#02が見たいと思わされました。


trackback
trackback_url
http://suiseino3.blog21.fc2.com/tb.php/422-5cc95046

[TOP]
copyright (C) 2006 酔生夢死:BLOG EDITION all rights reserved. [ template by *mami ]
//
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。