--/--/--//-- * --:--
●○スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



2007/07/08//Sun * 14:37
●○天元突破グレンラガン #15「私は明日へ向かいます」


天元突破グレンラガン1 (完全生産限定版)
天元突破グレンラガン1
あれっ、まただよ。
先週のスパイダーライダーズに続いて、またWJ封神の仙界大戦クライマックスを思い出させるシーンが!
今回は、(螺旋王のみながらも)‘素手での殴り合いの末’ってとこも符合しているヨ。
ぐあぁぁぁっ、私にまたあの悲しみを思い出させないでくれ〜〜〜〜〜!!!!!

いや〜、濃厚な30分でした。話もだけど特に作画が。
そして熱かった!
シモンがロシウをぐんぐんリードして、ついには「お前を信じる俺を信じろ!」って言った時には何だか嬉しくて涙出そうだったよ。
今のシモンをカミナに見せてあげたいね。

ヴィラル出てきたと思ったらすぐヤラレタ…orz
語り部になれって、だから予告やってるの?

月に関することはホントにチラリとしか螺旋王は言ってくれなかったので、何がいるんだか判らずじまいですが、少なくとも螺旋王自身は人類を地下に隠して滅亡からは守ろうとした(人類という‘種’は守ろうとしたが、個々の人々を守る気はなかった?)ということなんでしょうか?
「かつてお前のように戦った男がいた。その行いが人類を滅ぼすことになるとも知らずにな。」
この‘戦った男’とは、彼自身なんでしょうか?
それともココ爺さん? それとも…???

巨大ハンマーが内側からボコボコなる様は、ダイダロスアタックを思いだしたり。
ダイグレンの艦橋部分がスルッと落ちていく様がなんかツボでした。



trackback
レビュー・評価:天元突破グレンラガン/第15話「私は明日へ向かいます」
品質評価 30 / 萌え評価 10 / 燃え評価 40 / ギャグ評価 14 / シリアス評価 24 / お色気評価 2 / 総合評価 21レビュー数 108 件 シモンたちの前で、崩壊を始めるテッペリン。その正体は都市そのものが巨大なガンメンだった! 大グレン団の面々が呆然とする中、引き寄せられる
//ANIMA-LIGHT:アニメ・マンガ・ライトノベルのレビュー検索エンジン 2007/07/09 13:27
trackback_url
http://suiseino3.blog21.fc2.com/tb.php/390-a114b265

[TOP]
copyright (C) 2006 酔生夢死:BLOG EDITION all rights reserved. [ template by *mami ]
//
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。