--/--/--//-- * --:--
●○スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



2007/07/07//Sat * 08:53
●○呉の六駿、夜明けの長江に紅く煌く

「鋼鉄三国志」#11で六駿全員で煌星を果たした姿を見て、あちこちで‘戦隊モノか?’とか‘特撮か?’とか言われていますが、自分、そう言われるまで全くそんな風に感じず、ただただ「おおっ、ついに皆で煌星したヨ、ヨカッタネ」ぐらいにしか思ってなかったり…。
そういや、「牙狼 GARO」 のSPでも、魔戒騎士が三人で‘戦隊モノみたい’ってよく言われていたけど、全くそんなこと思わなかったなぁと思い出し、あらためて世間とのズレを感じ少しヘコみました…orz
きっと深夜にリアルで見てたから、頭が少しぼやけてたんだよね、とか慰めてみたり…。
でもまぁ、言われてみてもアニメだから、戦隊モノより、サムライトルーパーを思い出すよな出さないよな…。
(いや、だからサムライトルーパー自体、戦隊モノ的なんじゃねぇの…、当時はポスト星矢とかなんとか言われてたけど…。)
ほら、‘炎烈鎧’って言葉自体、サムライトルーパーを連想しませんか??? 鎧伝だよ、烈火の遼だよ!
そうすると、弓が武器の アーチャー 甘寧が、天空の当麻よろしく、青く光らなかったのは残念だな。
当時、当麻が目茶苦茶好きだったんだよなぁ…(遠い目)



trackback
trackback_url
http://suiseino3.blog21.fc2.com/tb.php/389-18939b10

[TOP]
copyright (C) 2006 酔生夢死:BLOG EDITION all rights reserved. [ template by *mami ]
//
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。