--/--/--//-- * --:--
●○スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



2007/06/04//Mon * 22:47
●○天元突破グレンラガン #10「アニキっていったい誰ですか?」


天元突破グレンラガン1 (完全生産限定版)
天元突破グレンラガン1
ヴィラルが可哀想でいて健気で、なんだか前より好きになってしまったかもしれないです。
アディーネも貧乏くじを引いたモンです。シトマンドラにやらせときゃよかったね。
ヒドイのは螺旋王。情報を与えてない為の失敗を責めるとは。
もっと獣人達を可愛がってるかと思ってましたが。

ニア姫はやっぱいいです。浮世離れしているも頭はいいし、イヤミなくハッキリしているし。
シモンがいの一番で自分を助けようとしていたこともちゃんと判ってたし。
彼女自身、父王に捨てられてかなりショックだろうに、シモンを気づかうし。
キタンに教えてもらった‘ムカツク’をアディーネにチャッカリ使ったのは面白かったです。
アニキ絡みの意見では、ヨーコやシモンにはちょっとキツイものでしたが、こういう第三者からの考えも必要かと。
当事者達だけでは感情的になりすぎる時もありますから。
とにもかくにも、大グレン団に無事ニアが迎えられてヨカッタです。

シモンいまだサルベージされず。
ラガンを起動させるのには、ニアを助けたい気持ちだけではだめなんでしょうか?
ラガンがダメでもその身一つでニアを助けようと走る心意気はヨカッタと思うのですが。

それにしても、ココ爺の謎は深まるばかり…。
謎にしているぐらいだから、螺旋王絡みの人物なんでしょうか…。



Comments on this preview ○●    









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback
レビュー・評価:天元突破グレンラガン/第10話 「アニキっていったい誰ですか?」
品質評価 20 / 萌え評価 33 / 燃え評価 26 / ギャグ評価 14 / シリアス評価 14 / お色気評価 1 / 総合評価 18レビュー数 92 件 シモンが連れてきた少女・ニアの正体を知り、動揺を隠せない大グレン団の一行。敵の情報を聞き出そうと尋問を試みるがうまくいかず、厄介払いで
//ANIMA-LIGHT:アニメ・マンガ・ライトノベルのレビュー検索エンジン 2007/06/05 13:10
trackback_url
http://suiseino3.blog21.fc2.com/tb.php/378-73aeaa7c

[TOP]
copyright (C) 2006 酔生夢死:BLOG EDITION all rights reserved. [ template by *mami ]
//
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。