--/--/--//-- * --:--
●○スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



2007/01/15//Mon * 23:41
●○牙KIBA #41「囚われた思い」


牙 第1章 運命の風 1
牙 第1章 運命の風 1
デュケムは実は結構いい人でした。
ギンガの過去バナの映像は前回と同じですが、ギンガの解説付き。
するとツッコミどころがザクザクと。
デュケムはなんでわざわざネオトピアくんだりまで来て処罰するかな?ってね。
第一‘目の前で’って言ってるけど、ギンガ結局見てないし。
たら、やっぱりギンガの感違いというオチ。
しかし、そもそもこの作戦を一人に任せること事態間違いなんじゃ?
見張りか陽動のためにもう一人ッくらい付けたっていいんじゃないですか、デュケムさん?
果たしてギンガは無事なのか? てか、ここで退場じゃ出てきた意味ないじゃ…。
片腕やら失いつつも一命を取り留めたギンガがお得意の人格豹変おこして、奇跡的に残ってたエクスマキーナ暴走させて再登場とか…無いですかね…ハハハ…

ヴェンダー博士はただのマッドサイエンティストでした。
アミル・ガウルの操作に失敗しましたが、本当に全く影響なかったのかな?



Comments on this preview ○●    









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback
trackback_url
http://suiseino3.blog21.fc2.com/tb.php/333-2d861586

[TOP]
copyright (C) 2006 酔生夢死:BLOG EDITION all rights reserved. [ template by *mami ]
//
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。