--/--/--//-- * --:--
●○スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



2006/04/30//Sun * 22:07
●○牙KIBA #5「戒律の国」

ゼッドは一先ずおいといて、今回はノア君のお話。
テントの中に保護されていますが、そこへ辿り着くまでにすでに色々あった模様。
てっきりゼッドに巻込まれてシャード世界に来てしまったとばかり思ってましたが、なんと無理矢理ロックオン召喚されてました。
ネオトピアでは優しい夫婦に保護されて、友人も出来て、ちょっとした肉体労働も出来る。
小さいけれど素晴らしく幸せな日々。ラストとの落差が大きくて・・・。
ゲイルの帰郷で居場所を失ったノアが、村を出た後事件に巻込まれるのかなぁって思ってたら、ゲイルが実の親を容赦無く断罪・・・。
カーターさんがぁーーーってトコで終わってしまいましたが、ここでお約束的にノアに何らかの力が発動とかあるかなぁ?
まぁもしココで助けることが出来ても、カーターさんはお尋ね者として追われる身になっちゃうだろうけど。
ノアにも優しかった村人達が、戒律を破るとはとんでもないと手の平を返すようにカーターさんを批難する様はコワカッタ…。
確かにルールを守ることは大切なことではあるけれど…。
しかしなんで兵役を拒むことを批難している人が、届け出を出さなかったんだろうか?


Comments on this preview ○●    









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback
trackback_url
http://suiseino3.blog21.fc2.com/tb.php/153-3d7dd360

[TOP]
copyright (C) 2006 酔生夢死:BLOG EDITION all rights reserved. [ template by *mami ]
//
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。