--/--/--//-- * --:--
●○スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



2006/03/26//Sun * 13:49
●○ゾイドジェネシス #50(最終話) ラ・カン編

「いや大丈夫だ、歳を取ると遅くなるものだ、傷の治りもな…」
おじさま、#18でこんなこと言ってたくせに、最終話で復活時には包帯一つしてないですよ。
vsゲオルグ戦からの時間の経過が良く判らない。傷が完治するくらいの日数はたっているのかな?
それとも服の下には巻いてるのかなぁ。でもミィが抱きついた時でも平気そうだったし。
それともゲオルグにやられた傷自体は、そこまでひどくなかったということでしょうか。
ソードウルフもぴんぴんしてましたが、ジンゴじいさんが頑張ったんでしょうね。
とにもかくにも、生きていてくれて素直に嬉しいです!
ロン・ガラガに次いで大好きなキャラですから。有難う、バーリヤ!
それにやはり、ラ・カンはこれからのキダ藩再興には必要不可欠なお方ですから。
キダ藩の人々との約束もあるしね。
でも、あれだけの死闘をくぐり抜けたんだから、額の横っちょに痛々しい傷の一つもあったほうが良かったかもと思わないでも…。


Comments on this preview ○●    









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback
ゾイジェネ最終話を見て、とりあえず一言
エピローグ無さすぎ!ゾイドジェネシスの最終話を見終わって、まず皆さんも思ったことだと思います。時間足りなそうとは思いつつも、期待してたんだけどなぁ…。EDにレミコト流れ
// 酔生夢死:BLOG EDITION 2006/03/26 19:43
ゾイドジェネシス #50(最終話)「再生」
冒頭、前回のルージ危機一髪の続きからではありません。ラ・カン復活を匂わせるサクサ村はともかく、カトーン・ピクル村・ハラヤードの人々までもここで描くところがゾイジェネです
// 酔生夢死:BLOG EDITION 2006/03/26 19:44
trackback_url
http://suiseino3.blog21.fc2.com/tb.php/125-1167ed0f

[TOP]
copyright (C) 2006 酔生夢死:BLOG EDITION all rights reserved. [ template by *mami ]
//
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。