--/--/--//-- * --:--
●○スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



2006/03/19//Sun * 13:25
●○ゾイドジェネシス #49「決戦」

「前に進みましょう」
ラ・カンを失った討伐軍はルージを代理に立て、ついに最終決戦が始まる今回。
ダ・ジンもティゼもラ・カンが後を託したルージになんの不満もない様子。
それより彼を良く知らない者たちが異議を唱え統率がとれなくなることを心配しています。
で実際、不安・不満を口にする者たちが…。そりゃそうですよね、ルージは若いってかまだ子供ですから。
「あんまり無理すんなよ」「ここなら誰も見てないぜ」
不安を持つ者たちに自ら安心感を与えようと頑張るルージだが、気丈に見えても父のように師のように慕い続け共に旅を続けたラ・カンを失った悲しみは深く、ガラガの肩の上でついに涙する。
こういうシーンを丁寧に描いてくれるのが嬉しいです。
全軍の前で演説する指揮官ルージ、どうにか討伐軍は一つにまとまったようです。
でもやっぱり威厳だけはルージには足りないな(^ ^;
ところで、ラ・カンを‘消息知れず’としているのは遺体を確認出来ていないからですか?
さすがにあれで命を取り留めたとは思えませんが…もちろん生きていてくれたら嬉しいですが…。

ザイリンは別方向に避難してたんですね。ゼ・ルフトのゲオルグに使った高度医療設備がここで役に立とうとは。
サブキャラ達もそれぞれちゃんと描いてあるのは流石です。サイコは相変わらずわけわかりませんが。
何気に会議室でア・ランとア・カンが並んで立っていたのが嬉しかった。
「無事に戦いが終われば、村に帰るつもりです、殆どの人とは二度と会うこともないでしょう」
ルージとミィがかなりイイ感じでしたが、ルージは帰る気満々でミィは動揺を隠せません。
少なくともジェネレーターの修理には帰らないといけないし、これに数年かかるかもしれないし。
ルージのお相手が誰になるかはまだまだ判りません。
「要するに、危なくなったらムラサメライガーに呼びかけてみることだ、奇跡が起こるかもしれない」
つまり奇跡が起こるんだな。やっぱ新たな形態? 来週のゾイド講座はそれでキマリか?
バンブリアンのオプションミサイル盛沢山すぎ~! 今回は自分で運ばなくて良かったようです。
合流したばかりの第16師団がティラノの餌食に…、こういうシビアなところもジェネらしいんですよね。
ED映像でフェルミ入りお風呂 を飛ばしたのはムカデちゃんなんですか?


Comments on this preview ○●    









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback
ゾイドジェネシス第49話「決戦」
ゾイドジェネシス第49話「決戦」の感想です。トラックバックセンターとしてジェネシスに関連したトラックバックを受け付けています。
//ZOIDS TOWNトラックバックセンター 2006/03/19 14:58
ゾイドジェネシス 第49話
今回のサブタイトルは「決戦」ということで、ラ・カン消息不明のためルージを臨時指揮官に最後の戦いにむけて出撃する話でした。前回のラストで壮絶な最期を遂げたと思われたラ・カン、死体が見つからない以上消息不明であることには違いないんでしょうけど、ひょっとして..
//パズライズ日記 2006/03/20 16:48
trackback_url
http://suiseino3.blog21.fc2.com/tb.php/120-87ee5161

[TOP]
copyright (C) 2006 酔生夢死:BLOG EDITION all rights reserved. [ template by *mami ]
//
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。