--/--/--//-- * --:--
●○スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



2006/03/05//Sun * 12:21
●○ゾイドジェネシス #47「決別」

一つ確認したいんですが、あのゲオルグは笑っていいんでしょうか??? いいんですよね???
「生きてらっしゃったのです、いえあれはもう生きているとは人とは言えません、あまりにおぞましい…」
おぞましいってか、おもしろい? なんと言うかヘン、だよね。
いや~見事にCG化。あれって機械兵の見た目を変えて機能を追加したもの?
機械兵といえば、視聴者の長きにわたる疑問がようやく解けました。
しかしまさか魂が入っていようとは。ちょっとファンタジックで違和感感じないでも。
てっきり脳みそとか肉体の一部でも出てくるかと思いましたよ。ありきたりだけど。
ザイリンが最後に解放した魂は少女のようでしたが、まさかゼ・ルフトの母親と引き離されたあの少女?

「な~んかつまんなくなっちゃった」「私は面白いことがしたかっただけなのに…」
フェルミは本当にソラに恨みがあったとかじゃないみたい。彼女には閉鎖的なソラが合わなかったのか?
どうにもジーンの神ぶりにシラケてしまってるんですが、フェルミも同じなのかな?
それともソラシティが落ちたのを目の当たりにして、思いがけず里心がついたとか?(これはないか)
しかしだからと言って、まさかこないだ見捨てたザイリンをジーンから助け出すとは思いもよらない展開です。
造反したのならザイリンと一緒にキチンと今までの償いをして欲しいものです。

ソラの一般市民はズーリで保護。彼らの戸惑いと落胆をキチンと描くのはジェネらしい。
食物を作り上げることがいかに大変か知らないってのは現代人にも言えることですね。
「まだわからないんですか?」「あなた方もジーンと同じです、もう間違いに気付いて下さい」
ルージとラ・カンの言葉に二の句が継げない評議会メンバー達。
さすがにもう自分達の行いの愚かさに気付いてくれましたよね、ね。
「ようやく判ったよ、ルージ君!」
「我が名はザイリン、ゾイド乗りのザイリン、真なる敵に立ち向かうザルツ村の男だ!」
「何が友か、偽りの言葉はいらない」
ザイリンもようやく悟りました。いや長かった。
ティラノvsヴォルケーノは燃えますね! ザイリン、バイオ粒子砲使いこなしてるし。

作画には五月蝿くない方なんですが、今回はなぁ、久々に気になったです。ラスト近いし。
総作監が作監にも関わらず、いいとことわるいとこの落差が激しすぎる。


Comments on this preview ○●    









ブログ管理人にのみ表示を許可する


trackback
ゾイドジェネシス 第47話
今回のサブタイトルは「決別」ということで、ザイリンが機械兵の真実を知って、ジーンに反旗を翻す話でした。完全にザイリンが主役で、とにかくカッコよかったです。バイオヴォルケーノ対バイオティラノも大迫力の戦闘で、今回は大満足でした。彼は死んだ・・・....
//パズライズ日記 2006/03/06 12:30
trackback_url
http://suiseino3.blog21.fc2.com/tb.php/108-6b77f323

[TOP]
copyright (C) 2006 酔生夢死:BLOG EDITION all rights reserved. [ template by *mami ]
//
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。