--/--/--//-- * --:--
●○スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



2007/11/24//Sat * 22:37
●○機動戦士ガンダムOO #08「無差別報復」


1/144 HG  ユニオンフラッグ(量産型)
1/144 HG
ユニオンフラッグ
(量産型)
刹那のヤツ、またやっちゃいましたよ。いや、ビックリした。
ちょっとあり得んでしょ? 初対面の人にベラベラ正体バラスなんて。わかってんのか刹那?
ティエリアが後ろから撃ちたくなる気持ちが少しわかってしまいそうだよ…。
第一話は坦々とミッションをこなすヒイロタイプだと思えたのに、まさかこんなに学習能力のないトラブルメーカーだとは。
表情には現れにくいけど、実は感情の起伏が大きくコントロールが出来てないのね。
それだけ過酷な過去が影響しているということなんでしょうが…。
前に‘戦争によって暗い過去持ってるらしいガンダム主人公で、声がまもだったので、シンと陸遜を足して2でわったような主人公だったらどうしよう…と少しだけ心配していたり…。 ’とか言ってましたが、その心配が本当になりそうでコワイよ。
さいわいマリナ姫は冗談だと思っているようですぐにはどうのってないようだけど、どういう伏線になるのやら。


↓↓↓ 送信ミスと思われるTBのダブりが2件ありましたので、勝手ながら削除いたしました。ご了承下さい。↓↓↓

スポンサーサイト


2007/11/18//Sun * 08:23
●○機動戦士ガンダムOO #07「報われぬ魂」


1/144 FG ガンダムヴァーチェ ~ガンダム00(ダブルオー)シリーズ~
1/144 FG
ガンダムヴァーチェ
ハロがっ! ハロがっ〜!
「あっ」ってロックオンのビミョ〜なリアクションが可笑しかった。
あのあと自力で泳いで戻ってきたんでしょうか?

ティエリアは普通に見てるだけだとやっぱ人類に愛情を持っているようには見えませんね。
彼の行動理念が明かされるのは何時になるのやら。
刹那は意外と感情的なようで、戦いの最中コクピットから出るなんてあまりな暴挙。
それだけサーシェスという人物が、幼い刹那にとって大きかったんでしょうが。
命令違反した僕が言うのもなんだけど…っていう時のアレルヤが、妙にカワイらしかったよ(爆
アレルヤの声がよっちんでよかったってしみじみ思たり。

命の恩人による戦闘とそれによる人的被害、沙慈がソレスタルビーイングをどう結論づけるのか気になります。
沙慈のジレンマ?なんて意に介さないルイス、この二人、これはこれでバランスがとれているのかも知れません。



2007/11/11//Sun * 14:27
●○機動戦士ガンダムOO #06「セブンソード」

HCM-Pro45  ガンダムデュナメス
HCM-Pro45
ガンダムデュナメス
コーラサワーってやっぱりそういう役回りなのね。しかしあまりにあっという間な。まぁよけたのは流石エースと言っておこう(笑
しかし、今度は"白馬の騎士"ですか。なんでこういう言葉を使いたがるのかいな?
サーシェスさん、渋いわ〜、声もサイコー! 幼少時代の刹那のもうひとつのヒーローかいな?
サーシェスさんの言葉で、更にソレスタルビーイングのやろうとしていることが判らなくなってしまいました。
紛争が根絶されて助かる命がある一方で、間接的に追い込まれる庶民もいる。つくづくイヤな世の中だね。
世界平和が個人の平和と同義語であればいいのにね。
アレルヤは独房入りするも、彼に代わるパイロットはそうそういないようで。
彼が超兵のプロトタイプであることは間違いっぽい。
ビリーとスメラギさんが親しい仲だったとは意外。しかもなんかビリーやらしいよ。
あの事件とやらが彼女がソレスタルビーイングに参加するきっかけなんでしょうが、いつ描かれるかな。
まだまだ伏線はりな段階だからちょっとやきもきする。
刹那のガンダムへの執着ぶりをよく理解していらっしゃるロックオンにいさん。
なんだかアニキというより保護者なかんじに見えてきました。
はしゃぐオンナノコ達がカワイかったです。休暇中はハメ外しても、やるときはやるのが流石。
スメラギさんは露出がすごくてビックリ。



2007/11/08//Thu * 23:34
●○フジリュー先生!!!

遅ればせながら、今日ジャンプSQ.創刊号をばチェックしました。
表紙だけじゃ誰が書いてるのか判らんけれど、店頭のはたいがいビニールに入っているんで、ネットで調べないかんなぁと思っていたら、中見れるやつ発見!
「フジリューが描いてたりしないよねぇ〜」(ジャンプで新連載を熱望しているのって、藤崎竜先生と飛鷹ゆうき先生とハヤトコウジ先生くらいだけど、可能性があるのはフジリューくらいだと思っているので…)なんて思いながら、目次を見ようとしたら次号予告のページが開いちゃって、そしたら見覚えのある絵柄のイラストが目に入ってくるじゃないですか!!!
「うぎゃ、マジフジリューだ!!!」とかなんとか、良く覚えてないけれど、思わずなんか口走ってしまったさ。
しかも『屍鬼』のコミカライズで表紙だよ、絶対次号買うよ! 楽しみ!
ジャンプ SQ. (スクエア) 2007年 12月号 [雑誌]
ジャンプSQ. 12月号
封神演義―完全版 (01)
封神演義-完全版 (01)
藤崎 竜
屍鬼〈1〉 (新潮文庫)
屍鬼〈1〉
小野 不由美
幻燈忍伝
幻燈忍伝
ハヤト コウジ
ユーディーのアトリエ―もうひとつの記憶
ユーディーのアトリエ
-もうひとつの記憶

飛鷹ゆうき



2007/11/04//Sun * 09:18
●○機動戦士ガンダムOO #05「限界離脱領域」


HCM-Pro48 ガンダムキュリオス ~ガンダム00(ダブルオー)シリーズ~
HCM-Pro48
ガンダムキュリオス

今回は気になるキャラ達が絡んでくれたので嬉しかったですよ。
しかし、刹那が主人公って忘れちゃってたなぁ…(笑)
前回‘セルゲイさんが父性愛に目覚めたりしたら萌えると思う。’とのたまってましたが、期待通りになりそうな予感!
だもんで、すっかり女の子キャラはマリナよりソーマに気が移ってしまいました。
そしたらそのソーマが男の子キャラ一気になるアレルヤと絡んでくれたもんで、ホントオイシイ回でした。
電波っぽいと言われてたアレルヤですがどうやら二重人格のようで。#01のアレは二人で会話してたんでしょうか?
過去に宇宙を漂流するという重く暗い過去を抱えているようで、同じ苦しみを持つ人を見捨てられず、ミッションを放棄してまで救助活動を実施。
ちょっとワンピのサンジを思いだしたりして。
幼少時には人類革新連盟にいて、ソーマとも関連がありそうなアレルヤは、超兵計画のプロトタイプとかいった存在なのでしょうか?
アレルヤとソーマを苦しめた頭痛は、遺伝子の共鳴なのか? ナノマシンによるものなのか?
宇宙を漂流したのは実験中の事故なのか、実験そのものなのか?
漂流中にソレスタルビーイングに保護されたのか? 色々ムチャクチャ気になって仕方ないですよ。
前回ティエリアって他のマイスター達とちょっと立場が違うような気がすると思ってたンですが、やっぱり今回もそう思えました。
創設者のイオリアと直接関係ありそうな…直系とか? 名前もちょっと似てるし。 あっクローンもアリかな?


[TOP]
copyright (C) 2006 酔生夢死:BLOG EDITION all rights reserved. [ template by *mami ]
//
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。