--/--/--//-- * --:--
●○スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



2005/10/30//Sun * 22:45
●○牙狼 GARO #4「晩餐 」

つくづくトラブルメーカーなヒロインだよ。
押し掛けられて食中毒?にされた友人のなんと気の毒なことか・・・。
どうせ引っ越すなら、鋼牙のお屋敷にすればいいのにね。
近くにいろって言われたんだし、広い家に二人しかいないみたいだし。
なんて、やっぱ、マズイか。
今回鋼牙はかなり苦戦。カオルにまで頼るとは。
お父さんのことがちょっと出てきましたね。ホラーに殺されたとか・・・。
カオルの過去?夢?に関係ないのかな?
幼い鋼牙、なかなか小西さんに似ています。
鋼牙よ、突っ込むのはオペ終了まで待って下さい。
あの患者さん助からないじゃないか・・・。

スポンサーサイト


2005/10/30//Sun * 20:49
●○BLOOD+ #4「アブない少年」

デヴィッドさん、やっぱりスキ~! いちばんスキ~♪
軽傷で済んでよかったです。
ほっぺの絆創膏がちょっとカワイイかも。
ジョージパパを助けたくてジュリアさんの病院じゃなくて一般の一番近い病院に運び込むなんて、いい人でよかった。
BLOOD+は、デヴィッドさんとハジの為に見つづけます。
今回ラストにこの二人が初めて言葉を交わしますが、ハジはなかなか喋んなくてシカトで通すのかと思ったぞ。

で、ジョージパパがさらわれたー!
そんな~せっかく助かるかと思ったのにーーー!
うわ~ん、実験体にされちゃうんだよね。
で、小夜の前に立ちはだかるとか、いや~な展開が待ってんだろ? やめてくれ~。゜(´Д`)゜。


2005/10/30//Sun * 13:08
●○ゾイドジェネシス #30「魔物の森」 ミィの邪悪なニヤリは魔物の笑い…

ようやく本来の目的・仲間探しの話です。 ガラガ&セイジュウロウは今回の組合せの中で一番いいかも。
「見事だ、腕もだが教え方もイイようだな」「見届けたいが…俺の代わりにルージの未来を…」
お互い気にくわない奴って思っている風でも、ホントはちゃん認めあって信頼しあってる仲間っていいなぁ。

魔物の森の土と月の光の共鳴で、勝手に踊りだすゾイド達。
コングはカントリー調でゴリラらしい踊りなんで単にカワイイですが、タイガーは何故か盆踊り調で立ち上がって踊るんで面白すぎです、たまらんです。
いや~、今回はいろいろ笑わせてもらいました。
ガラガの久々の単純バカぶりやら、師匠のキラーんって無言のツッコミやら。
ちなみに始めの方に出てきたダンブル想像図、なんかヒゲヒゲ団の中間管理職の人を思いだしたりして・・・。

突然出てくる自称美少女ダンブル
大会15連覇とは師匠よりスゴイ人だよ。 師匠も続けていれば20連覇くらいしたかもしれませんが。
しかし、師匠もオバアも大切な人を無くした大会、チャンピオンになると呪われるんじゃ・・・。
オバアのメンクイは素性を隠すための演技かと思いきや、天然でした。 ルージが想像の中でスゴイことに・・・。
セイジュウロウがオバアのべったり攻撃をさせるがままにしていたのも、お年寄りを大切にって以上に、母親への思慕だったんですかね。

「せっかくの力がもったいないのう、怒りは判断力を奪いその力を台無しにするぞ、腹が立つ時ほど冷静になるのじゃ」
ガラガ、真摯にオバアの言葉を受止め、ちゃんと実行して単純なだけでないトコ見せてくれます。
「月は出ているかぁ?」って、ガン○ムXかと思っちゃったけどね。
師匠、すぐにガラガの真意に気付いているところはさすがです。

「お前の力頼りにしてるぜ、セイジュウロウ」「あぁガラガ」
これは、まだ死ぬなんて許さんぞって言っているのかな?
そして師匠も、まだ希望を捨てないって答えているのかな?


2005/10/23//Sun * 22:37
●○牙狼 GARO #3 「時計」

ゴンザが鋼牙に白コート着せているところでなんか萌えた。
カオルまたまた誤解、でも指輪プレゼントされて側にいろとか言われればしちゃうよなぁ。
しかしあの指輪、ザルバが吐いた蟲が元。 蟲に戻ったりしたらヤダな・・・。
ホラーに取り憑かれて車にはねられた女子高生、ほったらかし?
カオルを餌ってのはやっぱり口実みたいだし。
実はホラーだった時計塔、あちこちからの攻撃に苦戦する鋼牙。
だから変身後の強さはホントすごいってのが今回でよく判ったです。
龍崎先生の原稿、封筒の封をしていなさそうなのが気になったりして・・・。
三神官の名前ってケルベロスなのね。いまごろ気付いたよ。


2005/10/23//Sun * 14:01
●○ゾイドジェネシス #29「秘密」 ゲオルグ、ジーンに憑いてる?

怪我で横たわる姿が痛々しいミィ。ルージもまだまだ落込んでいる様子。
「こりゃ、ディガルド側にはゾイドそのものを造り出す工場があるって噂もあながち嘘じゃないかも?」
このセリフの後のロンのブーツ、左右で模様の色が違います・・・。
「くわばらくわばら」なんて、小さい子にはきっと意味判んないよ!

小さいクルックーもカワイイですな。そして伝書以外にも仕事ができる凄いやつと判明。
旅芸人の芸に魅了される過去のコトナ姉妹。君たちの苦無の技術も負けてないと思うぞ。
しかし、どうしてラ・カン達はアイアンロックへ危険を冒してまで潜入したのか?
ロンのセリフから、そこにゾイド生産工場でもあるという情報を得てのことかと思うけれど、仲間探しはどうなった? たった50日しか無いんだよ。
工場があったらあったでたった二人で破壊する気だったのか? それともただの情報収集?
どちらにせよ討伐隊リーダーが自らすることかな?

ラ・カンとコトナの尋問を高所から見下ろすフェルミ大佐、下からスカートの中見えないかしらなんて心配していたら、シャワーシーンが!
囲い低すぎ少なすぎ! 胸丸見えじゃん! 見せてるのか! 薔薇演出は無しなんですね。
‘滅びの竜’もアイアンロックで守っている秘密の一つ? やっぱりコトナも知っているのか?
「これがソードウルフの新しい力なのか…」
どうやら試し斬りはしていなかったようです。いきなり実戦で使うのはどうかと・・・。
「そんな重たい荷物を抱えて私から逃げられるなんて思っているの?」
こういうシチュエーション・セリフは2回目なんだから、‘逃げられないと判っているでしょ? ’とかにして欲しかった。

「マキリの跡目は一族の中で最も力の強い者が継ぐのが掟、実力で劣るリンナに用はない」
リンナだけが始末されなきゃいけない理由が今一つ判らない。
一族=長の直系 って意味なのか? それなら納得できるんだが。
コトナの過去、繰り返しすぎ。もっとコンパクトに出来ないものでしょか。
特にリンナが撃たれた後のやつ、あんまり意味を感じなかった。
リンナの生死がはっきりしないですよね。
まだ利用価値アリと、ディガルドの先進医療技術で治療してもらえたら安心なんですが・・・無理ですよね。
妹とお別れをしっかり出来なくて可哀相だったコトナ。
故郷に別れを告げ静かに泣く彼女にもらい泣き状態だったのにあのエンディングが・・・ (泣)

[TOP] next >>
copyright (C) 2006 酔生夢死:BLOG EDITION all rights reserved. [ template by *mami ]
//
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。